お客様インタビュー④
ホーム > お客様インタビュー④

お客様インタビュー④

2016年01月03日(日)1:03 午後

小崎 哲也さん

フルマラソン自己ベスト:2時間38分08秒

 

99a03b23fbde44eba69787223ae963faどのような練習をして、どのタイミングで治療院を利用すれば、練習が継続出来て、良い結果を出せるのかは皆さんが悩まれているところでしょう。Miracle Bodyに来られる初診の方はかなり重症傾向のランニング障害ですが、その後、継続して来られる方の多くは、コンディショニング、調整が中心となります。ケガや故障なく走り続けるヒントになればと思い、今回は市民ランナーで長年走り続けている小崎哲也さんにインタビューしました。

①マラソンを始めたきっかけは何でしょうか?
小崎哲也さん:中高と中距離をやっていましたが、慢性の腰痛に悩まされ大学進学と同時にキッパリ走るのをやめました。30歳前からご多分に漏れず体重がどんどん増え始め80キロオーバー、これはマズいと走り出したのがきっかけです。当初は5キロ走るのがやっとでしたが、10キロ、ハーフと徐々に走れるようになり2004年の小笠・掛川マラソンが初フル。3時間28分でした。その後は健康維持の為、年に1回のペースでフルマラソンを走っていましたが、どっかで道を間違え(笑)記録を狙うようになってしまい今に至ります。

②普段の練習内容やレース前の調整方法を教えてください。
小崎哲也さん:基本的に「走る」ことが大嫌いなので、極力練習したくありません。普段は火~金に10~11キロの朝練、水曜にポイント(春夏はトラックでインターバル、秋冬はロードでLT走)土日はロングジョグか秋冬は30キロのペース走を行います。歳も歳なんで走行距離にはとらわれず余裕をもった練習を心がけています。フルの調整は2週間前に20キロで強めか30キロで軽めのペース走、1週間前は10キロのレースペース走を行います。調整期前までの練習内容、疲労加減、重めの脚に仕上げるか軽めの脚に仕上げるか等によって細かいペースは決めます。

③走り続けている理由は何でしょうか?
小崎哲也さん:「ダイエット」ただそれだけ。

④Miracle Bodyに来るタイミングはどのように考えていますか?
小崎哲也さん:故障した時はもちろんですが、ちょっとした違和感が出た時や勝負レース前に疲労を抜きたい時にお世話になっています。特に違和感が出た時は早めに対処し故障へ発展?しないよう気を付けています。以前は整骨院にもかなり頻繁に通っていましたが、なかなか思うような治療をしていただけなかったので今では通っていません

⑤普段しているケアや故障予防のためのトレーニング、身体を回復させるためにこだわっていること等があれば教えてください。
小崎哲也さん:
異常に身体が固いので一応ストレッチはやってるつもりです。後はサプリを色々試しています。

⑥最後に今後の目標を聞かせてください。
小崎哲也さん:年齢的に記録を伸ばすのは難しくなってきましたが1年でも永く今のレベルを保てたらと思っています。

<インタビュー後記>
「走ることが大嫌い」という小崎さんですが(笑)、聞けばいつもレースに向けて計画的に練習を行い、健康維持、ダイエットのためにというレベルではなく走り続けています。ただし、レースがあるからと言って決して無理をし過ぎず、故障予防はもちろん、しっかりと仕事や家庭とのバランスを見極めつつ練習をコントロールしているという印象です。ある意味、理想的な競技との関わり方をされていて、私にとっても憧れの存在です。今後の目標に向けて、少しでもお力になれたらと思います。

小崎さんのように、以前は近くの整骨院に通っていた…という方が、Miracle Bodyには多くいらっしゃいます。こちらでも急性外傷(捻挫・肉離れ・打撲・骨折・脱臼)の際には、必要があれば医療機関(整形外科)での受診をお願いしていますし、また確かに整骨院での保険治療(急性、亜急性の外傷のみが保険取り扱い)は費用の負担が少なく、場合によっては併用、使い分けも必要かと思います。しかし、スポーツ障害、特にランニング障害は、例えある一部分に痛みが出ていたとしても、その痛みのある箇所が痛みの発生原因でない場合が多く、身体全体の中でその原因を解析、治療していく必要があります。保険治療では、時間と取り扱える症状に制限があり、「十分な治療」が提供出来ません。

 

Miracle Bodyでは、プロアスリート、学生、スポーツ愛好家を含めてすべての方を対象に、スポーツマッサージと鍼灸治療による試合前後のコンディショニングや痛みの治療はもちろん、痛みの原因を解剖学や運動学的な視点から解析し、障害再発予防のリハビリ、正しい身体の使い方やパフォーマンス向上のためのトレーニング指導にも力を入れています。

 

また、Miracle Bodyの確固たる特徴は、プロ野球選手やオリンピック代表陸上選手をはじめ様々なプロアスリートを治療してきたその経験と高いパフォーマンスを維持し、治療における要求レベルも自ずと高いトップアスリートとその競技への熱い想いとこだわりを共有してきたことにあります。今でも大々的な宣伝広告はしていませんが、既存のお客様からの紹介の新患さんが約8割と、多くの皆様に支えられていることを実感し、有り難いことだと日々感謝しています。今後もさらなる勉強を続け、皆様のためのMiracle Bodyでありたいと考えています。

本格的にパフォーマンスのプロフェッショナルを志す、すべての方へ

Miracle Bodyでは、はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の3つの国家資格を持ったスタッフが施術を担当します。医療費控除の対象となりますので、領収書をご入用の方はお申し出ください。