ダンサー向けメニュー
ホーム > ダンサー向けメニュー

ダンサー向けメニュー

海外留学、そしてバレエ団を目指すあなたへ
10年後、20年後も、踊り続けられる身体づくりのために...


ターンアウトを改善したい
膝や足の甲をもっと伸ばしたい
身体の軸を安定させたい
もっと高く脚を上げたい
踊りに必要のない余計な筋肉を落としたい
いつも同じところを痛めている

真剣にバレエに取り組み、身体と向き合えば望みや悩みは尽きないものです。

バレエダンサーにも、トップアスリート同様のパフォーマンスが求められる時代です。身体の仕組みを知り、人間が本来持つ機能を高めることで、クラシックバレエに必要な身体づくりとパフォーマンスの向上を目的としたトレーニングを提供しています。

また医科学的なアプローチにより、障害予防のための最適なコンディショニング方法の指導も行っています。

本格的にパフォーマンスのプロフェッショナルを志す、すべての方へ ダンサー向けメニューのはじまり&お客様インタビューもご覧ください。
バレエの指導者と分野を超えた協力体制を築き、世界の舞台に挑戦する子どもたちを支援するプログラム⇨『Miracle Body スカラシップ』
店舗に来られない方⇨リモート動作分析(オンラインレッスン)
 

メディカルチェック

自分をよく知ることこそが、上達への近道...
パフォーマンスを向上させるためには、まずは自分の現状を知ること、正しい評価と適切な課題を設定することが必要です。初回は、医療現場でも活用される『S.O.A.P』を用いながら、最適なトレーニング&コンディショニングプランの提案を行います。
●Subjective(主観)
:既往歴と課題のヒアリング(主観的評価)

●Objective(客観)
:関節可動域評価・動作分析(客観的評価)
●Assessment(評価)
:主観・客観的評価の照らし合わせ
●Plan(計画)
:課題の設定と解決策の提案

料金
90分 9,900円(税込) WEB予約

現在の身体の状況をWEB予約のメッセージ欄でお伝えください。
トウシューズを含めてレッスンと同様の用意をお持ちください。

治療をご希望の方⇨メディカル

パーソナルトレーニング

潜在能力を引き出し、身体の機能を高める
機能解剖学とバイオメカニクスの理論に、感覚統合のトレーニングを組み合わせながら、トレーニングを指導しています。

機能解剖学とバイオメカニクス
動作のコツを掴む
必要最低限の筋肉や関節等の身体の知識を得ることで、力の伝わりやすいポジションやつながりへの理解を深めます。身体の連動性を高め,自分に合った関節の可動域で動くことで、余計な筋肉を使わなくなります。

力の感覚の数値化
踵で床を押す…アーチが潰れないように…軸をしっかり…。足圧分布測定システムを用いながら、床に対する力の発揮、アーチや足趾の接地状態、重心位置を見える化し、実際に踊る時に必要な力の働かせ方を覚えていきます。
         
感覚統合
感覚は情報です。視覚に加えて、人間が本来持つ固有感覚/前庭感覚/触圧覚の機能を向上させることで、自由自在に身体をコントロールしながら踊ることを目指します。

障害予防
クラシックバレエはその特有の使い方による慢性的な怪我が非常に多く発生することが知られています。障害は偶然起こるのではなく、必然です。医科学的なアプローチにより、障害予防を目的とした最適なコンディショニング方法の指導も行っています。
料金
60分 6,600円(税込)/90分 9,900円(税込)/
120分 13,200円(税込)

兄弟姉妹、年齢の近いお友達の場合は、ペアトレーニング(2名様)も可能です。
90分 13,200円(税込)/120分 16,500円(税込) 
WEB予約

基本的には90分以上、小学生で集中力が持たない場合は60分でご予約ください。
初回はメディカルチェックをご予約ください。

※トレーニングで得た身体の感覚を保ち、効果的なレッスンが行える期間の目安を2週間程度と考え、継続的に2週に1回のトレーニングをおススメしています。

ジュニアダンサー対象ワークショップ

◆『 フィールリズム(Feel Rhythm)』
舞台に立つうえで欠かせない要素のひとつでもある「musicality=音楽性」に特化したレッスンです。音楽、リズムを感じ、楽しみながら身体で表現する。あなたの「踊り心」を刺激し、ダンサーとしての表現力を磨いていきます。リズム感を高めることで、「運動神経=コーディネーション能力」を向上させることを目的としたトレーニングを多く取り入れています。

※「コーディネーション」とは、「身体を安定させ、自由自在に動かす」ことで、目(視覚)や耳(聴覚)、バランス(平衡感覚)といった感覚を研ぎ澄ませ、身体を動かすといった一連の過程をスムースに行う能力です。いわゆる運動神経が良いことは、このコーディネーション能力が優れていることを指します。

◆『フロアバレエ』
BAS
S.ギエムやM.ルグリら、多くのエトワールたちを育てたフランスバレエ伝統の身体作り。プリエやバットマンなどを“まっすぐな床”に寝た状態でおこなうことで、間違った身体の使い方を見つけて直していきます。バレエの稽古や本番の前に正しいバレエの基礎を作っておくことで、基礎に忠実な踊りができるようになるとともに、成長期における脚の変形や怪我を予防できることから、パリ・オペラ座をはじめヨーロッパ各地のバレエ学校では、ダンサーの育成に不可欠とされています。レッスン後には身体が引きあがるので、動きがとても軽くなる本場フランスのフロアバレエ。プロダンサーを目指している方は是非ご受講ください。

次回の詳細な日程は→未定

出張セミナー&ワークショップ

YAGP日本予選や全国各地のバレエスタジオで、機能解剖学や障害予防セミナー、ワークショップを開催しています。またメディカルチェック&パーソナルトレーニングとのセット開催も承っています。
お問い合わせ info@miracle-b.com
◆『Feel Rhythm (フィールリズム)』
Miracle Bodyで開催している大好評プログラムです。舞台に立つうえで欠かせず、コンクールにおける重要な採点要素のひとつでもある「musicality=音楽性」に特化したレッスンです。音やリズムを感じ、楽しみながら身体で表現をする。あなたの「踊り心」を刺激し、ダンサーとしての表現力を磨いていきます。
講師 福山 智子

◆『家庭でできるバレエ障害予防のためのマッサージ』(保護者&子ども対象)
YAGP日本予選でも開催しています。成長期のケガやコンディショニング、からだの正しい知識を学び、家庭で10分でできるマッサージの効果的な技術を学びます。子どもの今のからだの状態を知ることが、慢性的なケガの早期発見につながります。外反母趾などの関節の変形の仕組み、ターンアウトや足の甲の関節可動域のチェック方法の解説も行います。マッサージは、筋肉の緊張を緩和し、血流の増加を促します。疲労回復や自律神経の調整、リラックス効果があることに加えて、親子で触れ合う良い機会にもしていただけます。
講師 福山 弘

◆『関節の遊びをなくす~柔軟性の機能解剖~』
YAGP日本予選でも開催しています。バレエダンサーにとって、身体の柔らかさは絶対的な武器です。その反面、柔らかさが、不安定さやケガにつながることも多くあります。このワークショップでは、身体の持つ柔軟性を最大限、かつ安全に引き出すために、まずは関節の仕組みを知ってもらいます。その後、実際に手で触りながら、関節可動域や運動方向の評価(確認)の方法を学んでいきます。知っているようで知らない自分の身体を観察することから始めていきましょう。
講師 福山 弘

●メールでもお気軽にお問い合わせください。 tel_page2