ダンサー向けメニュー
ホーム > ダンサー向けメニュー

ダンサー向けメニュー

コンクール入賞や海外留学、そしてバレエ団を目指すあなたへ
5年後、10年後も、もっと踊り続けられる身体作りのために...


ターンアウトを改善したい
膝や足の甲をもっと伸ばしたい
身体の軸を安定させたい
もっと高く脚を上げたい
踊りに必要のない余計な筋肉を落としたい

真剣にバレエに取り組み、身体と向き合えば望みや悩みは尽きないものです。

コンクール入賞者やプロダンサーへの豊富な指導経験を持つスタッフが、解剖学や運動学等の専門的な知識に基づき、クラシックバレエに求められる身体作りや潜在能力を最大限に引き出しパフォーマンスを向上させる身体の使い方、トレーニングを指導しています。

またメディカルとトレーニングを融合させ、5年後、10年後も舞台で活躍出来るよう最適なコンディショニング方法と障害予防のためのトレーニングも指導しています。

身体を変えることは、意識を変えることです。レッスンに対する意識、身体に対する意識が変われば、「踊り」は必ず変わります。

本格的にパフォーマンスのプロフェッショナルを志す、すべての方へ Miracle Bodyについて&お客様インタビューをご覧ください。

メディカルチェック

ターンアウトやポイント等を構成する関節可動域、アライメントと筋肉の硬さのチェックを行い、可動域改善のためのアドバイスやコンディショニング方法を指導します。またバレエ障害の予防を含めて身体の使い方の修正や必要なストレッチ、セルフケアの指導も行います。
料金
90分 9,000円(税込) WEB予約

現在の身体の状況をWEB予約のメッセージ欄でお伝えください。
トゥシューズを含めてレッスンと同様の用意をお持ちください。

治療をご希望の方はメディカルをご覧ください。

ターンアウト(Turn out)

ターンアウトはテクニックです。ターンアウトを完成させるためには、前腿や臀部等の筋肉の過緊張による可動域制限をなくすこと、身体の引き上げに始まり、股関節から膝、足首、指先まですべてを外旋していくことが必要です。柔軟性の改善に加えて、脚をコントロールする筋肉の感覚作りとトレーニングを指導します。

ポイント(Point/Foot work)

トゥシューズの中で足指が丸まるいわゆる指立ちをしていては、足首まわりの痛みやケガを誘発するだけでなく、足の甲にある関節が動きません。バレエ特有の使い方であり、身体の末端にあるため非常にコントロールしにくい足の裏、足の甲、足指の筋肉の感覚作りとトレーニングを指導します。

パフォーマンス向上を目指すためには、正常(0)な状態に身体を維持することが何よりも大切です。身体の現状を把握して、ストレッチをはじめとしたセルフケアの方法を見直すことが、身体作りの第一歩となります。初回はメディカルチェック、2回目以降はパーソナルトレーニングでご予約ください。身体の状態や段階に応じて、コンディショニングやトレーニングの指導を行います。 HPダンサーPNG

パーソナルトレーニング

バレエダンサーにも、トップアスリート同様のパフォーマンスが求められる時代です。解剖学や運動学等の専門的な知識に基づき、バレエ特有の動きを分析し、動作の改善やパフォーマンス向上の為の身体の使い方、身体作りを指導します。

毎回行うメディカルチェックを元に、プログラムは3つの段階に分けて進めていきます。

①関節可動域を拡げる(柔軟性
②動作を改善する(ポジション、筋出力、コントロール、連動
③テクニックを支える(瞬発力、バランス、持久力)

解剖学や運動学…というと難しく捉えがちですが、必要なことは用語を覚えることではなく、身体の内側(関節の仕組みや筋肉の働き、つながり)への理解を深めることです。クラシックバレエの規律であるポジションを、身体の外側ではなく内側から作り出すことで、動きがエネルギーに転換し、踊りが「表現」へと変化していきます。
  
料金
60分 6,000円(税込)
90分 9,000円(税込)
120分 12,000円(税込) WEB予約

遠方で定期的に来られない方は、90分もしくは120分でご予約ください。
目安として2週に1回、継続的にトレーニングを受けていただくことをおススメしています。トレーニングで得たその身体の感覚を保ちながら効果的にレッスンを行える期間がそのくらいだと考えるからです。

ジュニアダンサー対象ワークショップ

◆新春『フロアバレエ』 S.ギエムやM.ルグリら、多くのエトワールたちを育てたフランスバレエ伝統の身体作り。プリエやバットマンなどを“まっすぐな床”に寝た状態でおこなうことで、間違った身体の使い方を見つけて直していきます。バレエの稽古や本番の前に正しいバレエの基礎を作っておくことで、基礎に忠実な踊りができるようになるとともに、成長期における脚の変形や怪我を予防できることから、パリ・オペラ座をはじめヨーロッパ各地のバレエ学校では、ダンサーの育成に不可欠とされています。レッスン後には身体が引きあがるので、動きがとても軽くなる本場フランスのフロアバレエ。プロダンサーを目指している方は是非ご受講ください。

日時
1/3(水)可動域とターンアウト
1/4(木)引き上げと姿勢
1/5(金)軸とバランス
3日間すべて13:15~14:15(開場13時)
講師 佐々木 達也(1/3・5)・新家 直美(1/4)(BAS
定員 12名 (小学5年生~)
持ち物 靴下、ジャージ等、タオル
料金 1回2,500円(税込)WEB予約

出張セミナー&ワークショップ

YAGP日本予選や全国各地のバレエスタジオで解剖学や身体作り、障害予防セミナー、ワークショップを開催しています。またメディカルチェック&パーソナルトレーニングとのセット開催も承っています。
お問い合わせ info@miracle-b.com
◆『Feel Rhythm (フィールリズム)』
Miracle Body(ミラクルボディ)で開催している大好評プログラムです。舞台に立つうえで欠かせず、コンクールにおける重要な採点要素のひとつでもある「musicality=音楽性」に特化したレッスンです。音やリズムを感じ、楽しみながら身体で表現をする。あなたの「踊り心」を刺激し、ダンサーとしての表現力を磨いていきます。
講師 福山 智子

◆『家庭でお子様に出来るバレエ障害予防のマッサージ』(保護者&子ども対象)
YAGP日本予選でも開催したセミナーです。コンクール前だけでなく、普段からお子様に足のマッサージをされている方に役立つちょっとした知識やポイントを国家資格を持った講師がお教えします。外反母趾等の関節の変形や足首まわりのけが予防を含めて、各関節可動域のチェック方法、甲出しや正しい身体の使い方の解説も行いますので、お子様の足の状態を知る良い機会にもしていただけます。
講師 福山 弘

◆『関節の遊びをなくす~柔軟性の機能解剖~』
YAGP日本予選でも開催したセミナーです。バレエダンサーにとって、身体の柔らかさは絶対的な武器です。その反面、柔らかさが、不安定さやケガにつながることも多くあります。このセミナーでは、身体の持つ柔軟性を最大限、かつ安全に引き出すために、「ハンズオン」(手で触れる=体験学習)という方法で確認していきます。知っているようで知らない自分の身体を観察することから始めていきましょう。
講師 福山 弘

●メールでもお気軽にお問い合わせください。 tel_page2